読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりあき YEAR BOOK

人を愛する者、人恒に之を愛す。人を敬する者、人恒に之を敬す。

読書の秋。読みたい本、あれこれ。

「ようこそのお運びで。厚く御礼申し上げます。」


日中も、少しではありますが、涼しくなり、そして、朝、晩はめっきり肌寒くなりました。

みなさん、いかがお過ごしですか。

体調管理に気を付けましょう。



さて。

久しぶりに本屋さんに立ち寄りました。

年賀状作りの雑誌が平積みされていました。

もうそんな季節なのですね。と、しみじみ。






さてさて。

単行本の新刊コーナーや文庫のコーナーをいろいろ散策。

そして、新書のコーナーも。

そこて、読みたい本があったので、備忘録を兼ねて、個人的に紹介。


その前に・・・。


新書。

専門的なことをコンパクトにまとめてあり、また、なるべく平易な文章で書かれているので、好んで読みます。

しかし、新書が扱っているテーマは、時事ネタが多いので、数年後に読むと、やや時代遅れになることがあり、ちょっと買うのにためらってしまう本でもあります。



でも、買いたくなるのも事実です。


さてさてさて。


個人的に読みたいと思った新書です。

 

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

 

 

ヒトラー演説・熱狂の真実』という本。

少し立ち読みしましたが、少し切り口が違う感じがしたので、読みたくなりました。


あと、歴史を勉強したい、というのもあります。



次の本。

 

 

世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)

世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)

 

 


これは、タイトルに惹かれました。

いや、ちがう。

本の帯です。

『覇権戦争」。

出版社の思うつぼです(笑)。

『世界を戦争に導くグローバリズム

これも立ち読みしましたが、「まえがき」だったかな、そこから、インパクトがありました。


さすが、『TPP亡国論』を書いた官僚の方でございます。

『TPP亡国論』も興味深く読ませて頂きました。


新書。

専門的なテーマを平易に、しかし、詳しく書く。

同じテーマの本でも別の本では、反論のような本もあるので、合わせて読みたい所です。



新書ではないですが、「岩波ブックレットシリーズ」から。

こちらは、薄いページでありながら、結構内容がつまっていて、かつ、面白い。
*個人的な意見・感想です。

 

自転車に冷たい国、ニッポン――安心して走れる街へ (岩波ブックレット)

自転車に冷たい国、ニッポン――安心して走れる街へ (岩波ブックレット)

 

 

『自転車に冷たい国、ニッポンーー安心して走れる街へ』

自転車乗りには、ぜひ読みたい本です。


あと、評判がよくて、薦められた本です。

教科書の現代文でも採用されてもよい、とか。
 

 

〈生物多様性〉入門 (岩波ブックレット 785)

〈生物多様性〉入門 (岩波ブックレット 785)

 

 

『〈生物多様性〉入門』




読みたい本、あれこれです。

ほんとは、「あの本」も、「この本」もと、たっっっっっくさんありますが、今回はこれくらいにしておきます。



読書の秋。

大事なことなので、もう一回書きます。

読書の秋。


秋、深まっていきます。