読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりあき YEAR BOOK

人を愛する者、人恒に之を愛す。人を敬する者、人恒に之を敬す。

読書日記。『アサイラム・ピース』

「ようこそのお運びで。厚く御礼申し上げます。」


暑い。

真夏日

日中、自転車に乗る。

浴びる風は気持ちよい、心地よい。

でも、蒸し暑い。

今日は、朝から晴れ。

でも、昼頃か曇りだし、夕方前には、涼しい風が吹いているな、と思ったら、夜には雨。

今も、雨音が聞こえています。



さて。


読書日記。

読了。
アンナ・カヴァンアサイラム・ピース』。

f:id:yoshida-nariaki:20150530231138j:plain

 


5月の上旬には読んでいました。

アンナ・カヴァン

有名な作家さんなのですね。

ある本をきっかけに知りました。

まずは、その本から・・・と思っていましたが、長編小説らしく、ちょっと。

Wikipediaによると・・・、ですね。


複雑な人生…。


さて。

本書、『アサイラム・ピース』。

短篇集。

独特な世界観。

孤独感と静寂感と不安感。

淡々と物語が進みます。

設定もつかみづらいですが、それでも物語世界に引き込まれていきます。

個人的には、ちょっとしんどかったですが、根強いファンがいるのも肯けました。

「どんなところから、そう感じたの?」と訊かれると、困ります。



アサイラム・ピース』。

原題は、『Asylum Piece』。

「Asylum」の意味がわからず、辞書を引くと(大事なことですね)、なるほど…。

「Asylum」の意味を知らなくても、この短篇集は十分に味わえます。

その独特な不安感、孤独感…。


もし、彼女が長生きしていたら、他にどんな作品が生まれたのでしょうか。


代表作とされる『氷』。

それが、アンナ・カヴァンという作家を知るきっかけでした。

レビューを読んでいると、「読みたいっ!」という気持ちが、ふつふつ、と。



でも、自分の部屋には、未読本、積ん読本がまだまだ…。


こういう時には、同じ作家さんの本を読み続けるのがいいのでしょうが…。

Wikipediaを見ると、多くの本を出版されているようですが、日本語訳されたものは、少ないようですね。

とりあえず。じゃない、とにかく『氷』は読破したい。




不思議な世界、物語でした。

アンナ・カヴァンアサイラム・ピース』。


アサイラム・ピース

この本も気になります。

あなたは誰? (Anna Kavan Collection)


単行本ですが、「ちょっと値段が高いかな」と思わないでもないです。
もう少し、値段が安ければ、購入しやすいのですが。


そして、文庫版。
氷 (ちくま文庫)


かっこいいカヴァー。

目立ちますね。

画像ですが、独特な光を放っています。










プラス はさみ フィットカットカーブ プレミアムチタン プレミアムブラウン 34-552






ぺんてる 多機能ペン ビクーニャEX XBXW1375A ブラック軸




ぺんてる 多機能ペン ビクーニャEX リフィル XKBXES7-A 10本セット


ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 44x6mm 20枚x9色 680MSH



ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 44x10mm 20枚x6色x10個 6831NE




ポスト・イット 見出し 50x15mm 30枚x蛍光10色 700MC


ポスト・イット ノート 超徳用 75x75mm 450枚 パステル CP-33SE







コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 A罫 30枚 ノ-3CATX5



KOKUYO ノ-3BN10 キャンパスノート6号(セミB5)B罫30枚10冊組



コクヨ キャンパスノート 5冊パック 5色アソート B5 A罫 30枚 ノ-3CAX5

 

おまけ。

読書していると、目が疲れてきます。

やっぱり、小さい文字を長時間見ることが、負担になってきたのかな・・・。

目をいたわりながら、読書を楽しんでいきます。

 

網膜色素変性症。

症状が一気にすすむわけではないけれど。

 

目も大事。