読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりあき YEAR BOOK

人を愛する者、人恒に之を愛す。人を敬する者、人恒に之を敬す。

読書日記。『漱石全集 第八巻』

「ようこそのお運びで。厚く御礼申し上げます。」

 

12月ですね。

 

徐々にクリスマス&年末モード。

 

日に日に寒くなっております。

 

ぼちぼち、大掃除も。

 

 

その合間の読書タイム。

 

で。

 

 

読書日記。

 

読了。

夏目漱石漱石全集 第八巻』(岩波書店

f:id:yoshida-nariaki:20161217145320j:plain

 

f:id:yoshida-nariaki:20161217145338j:plain

 

 

 

漱石全集』なので、一応、「夏目金之助」の方が適切なのかもしれませんが、一応、「夏目漱石」名義で。

 

(なんか)

 

 

漱石全集 第八巻』は、『行人』です、

 

いわゆる漱石の後期三部作の真ん中。

 

ちなみに、『彼岸過迄』『行人』『心』ですね。

 

えっと、なぜ『行人』を読むのかというきっかけは、特になく、図書館で本を借りに行った時に、「久しぶりに漱石さんの小説、読み返したいな」と思ったから。

 

開架で、貸出できるもの数冊借りてきました。

 

ほんとうは、『彼岸過迄』も借りたかったのですが、生憎、貸し出し中。

 

予約、しました。

 

 

 

もう、かなり前に読んだので、「あらすじ」など、すっかり忘れてしまっていましたが、所々、思い出す部分もあり、新鮮な発見も。

 

漱石さんの描写、なにか、こう、すごいですね。

 

明治の文豪に対して、一般人が形容するような言葉じゃない。笑。

 

なんというか、人間の心理とか、それに伴う行動など、きっちり表現されていますね。

 

「明治」というと、なんとなく、まだ「和服」という勝手なイメージがあるのですが、もう、すっかり「洋服」で、食生活も、洋食もしっかり。

 

洋菓子も。

 

 

漱石作品に出てくる「女性」。

 

「う〜む…。」と思います。

 

おそらく、すでに何本もの研究論文があるのでしょうが、“漱石作品における女性”というのも、興味深いテーマだと思います。

 

 

久しぶりに、漱石作品を楽しめました。

 

次は、『彼岸過迄』かな。

 

…。と、その前に、他に借りてきた『漱石全集』を、ぽつぽつ読みます。

 

 

 

あ。

 

漱石全集』を読むきっかけは、特にないと書きましたが、あえて挙げるなら、今月12月から、岩波書店から、新しい『漱石全集』が刊行されるのを知ったのが、きっかけ、かな。

 

この機に、自室にも『漱石全集』を揃えてみようかな。

 

 

吾輩は猫である (定本 漱石全集 第1巻)

 

 


 

 

 

 

ポスト・イット ノート 超徳用 75x75mm 450枚 パステル CP-33SE

 

 

 

 

 

ポスト・イット ジョーブ 透明見出し 44x6mm 20枚x9色 680MSH

 

 

 

 

 

 

 

ポスト・イット 強粘着ふせん 75x25mm 90枚x5個 蛍光 500-5SSAN

 

 

 

 

ポストイット 見出し お買い得パック 50x15mm 100枚x10個 700RP-BGK

 

 

 

ブルーム 今治タオル ナチュラルボーダー フェイスタオル 4枚セット (ブルー・グレー) natural_ft4_bg

 

 

 

 

ブルーム 今治タオル ナチュラルボーダー バスタオル 2枚セット (ブルー・グレー) natural_bt2_bg

 

 

 

 

ブルーム 今治タオル レオン ハンドタオル 3枚セット サンホーキン綿 (ナイト) leon_ot3_n

 

 

 

 

ブルーム 今治タオル ハーフ&ハーフ フェイスタオル4枚セット (全色ミックス) half_mix_ft4

 

 

 

 

 

恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES (中公文庫)

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

 

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)